ハウスクリーニングを開業する|フランチャイズでコスト削減

ビル
  1. ホーム
  2. 飲食業界で起業するために

飲食業界で起業するために

相談

アイデアと資本金

近年、ラーメン屋を開業する人が増えています。その理由はラーメン好きが多く、さらに資格が不要でシンプル且つ少ない資本金で独立・開業が行えるからです。ラーメン屋を独立する際に最も大切なのは味ですが、ただ美味いだけでは人気店にはなれません。店に入りやすいように個別に仕切りを作る、店員が元気に話しかけてくる、具材の量が山盛りなど、人気店は味以外にも工夫をしています。ラーメン屋は全国で約3万5千店と多く美味しい店も沢山あるため、味に加えてアイデアを考えることが必要です。資本金は100万円程で独立・開業が可能です。店舗をゼロから作り上げず、居ぬき物件を利用することで格安で独立が出来ます。ラーメン屋が多いこともあり、居ぬき物件を見つけるのは難しいことではありません。立地や街の状況を考慮した自分らしい物件を見つけてみましょう。

開業するルート

ラーメン屋の独立・開業する方法は主に「フランチャイズに加盟する」「のれん分けや社内独立制度の活用」「コンサルタント会社で学び起業する」の3つがあります。フランチャイズへの加盟はチェーン店の名前や仕入れ、味を活かして開業します。メリットは名前のブランド力があるため、経営リスクが少なく済みます。また、保証金、参加費など開業資金は各チェーンによって異なるため、経済面と照らし合わせて下調べをする必要があります。のれん分け等では働きながら味を学び、そのスキルを活かして開業します。味に関して知識が高いので、フランチャイズ同様、経営リスクは少ないです。コンサルタント会社を利用した場合は、講義料金が掛かるため初期費用は高めになります。しかし、自分独自のラーメンを作れ、成功した時には喜びも一層大きくなります。ラーメン屋の独立は、味とアイデア、さらに起業するためのルートがとても大切になってきます。