ハウスクリーニングを開業する|フランチャイズでコスト削減

ウーマン
オフィス

第二の都市で店を構える

大阪は日本第二の都市とされるほどで、経済的にも発展しており貸店舗も豊富となっています。手頃な賃料の店から最新の物や、話題のリノベーション物件までバリエーション豊かで数も多いので、ニーズに合った店舗をじっくり選びたいものです。

社内

独立開業するなら

フランチャイズに加盟する場合には、固定客が多くて経営の安定性が高いコンビニチェーンを選ぶのが理想的です。お弁当などの食品の販売がメインですが、顧客のニーズに合わせてチケットの発券や、各種受け取りサービスも提供しているのが特徴的です。

相談

飲食業界で起業するために

ラーメン屋は全国3万5千件程あり、独立・開業では味以外にもアイデアが必要になってきます。資本金は100万円程で開業できるため、経済的負担は少ないです。独立のルートはフランチャイズ、のれん分け、コンサルタント会社を利用することが、メリットが高くおススメです。

安く早く独立開業を果たす

ビル

本部からさまざまな支援

今は会社勤めをしているが、できるだけ早く独立して自分の店を持ちたい、そんな希望を抱いている人は世に少なくありません。そういった人たちにとって非常に魅力あるシステムなのが、フランチャイズです。フランチャイズは、小売店や飲食店などがチェーン展開する際に用いられる経営方式の1つです。それぞれのお店が運営本部と契約を結び、毎月の売上の中からロイヤルティーを支払う代わりに、さまざまな形でサポートを受けられます。そのノウハウはすでに他の店などで実績を上げているものなので、ビジネスを成功させるのに非常に有益なものとなります。開設準備段階から支援が受けられるため、長期にわたる修業期間などを経なくても手軽に独立を果たすことができます。

資金面の不安も解消

フランチャイズにおける各加盟店は、商号こそ統一されているものの基本的には独立採算制をとります。そのため、開業資金や運転資金はオーナー自らがそれなりの額を負担しなければなりません。ただ、中には低資金で開業できる分野もあります。低資金で開業できるフランチャイズの例としては、エステやネイルサロンなどがあります。これらはコンビニやドラッグストアなど広い商品陳列スペースが必要な業態と異なり、極めて小さなスペースでも開業が可能です。また、什器の購入費用も小売店に比べると安くて済みます。さらに低資金で開業できる業態もあります。それは無店舗型サービス業です。具体的にはハウスクリーニング・家事代行・訪問介護サービスなどがこれに当たります。ハウスクリーニングなどは店舗を設ける必要がないので、自宅を本拠地にすればかなりの低資金でも開業することができます。